​E.経営学コース

g1791.png

開業は誰でもできる時代

しかしそれを存続させる事ができるかどうかが鍵

講師:NINE Group CEO 大園 巧

名称未設定-17_アートボード 1 2.png

1.人材育成

『企業は人』

常に育成は良くも悪くも付き物です。

だからこそ、人材育成は最も重要であり、その時々で俊敏に対応する必要があります。

社員は、たくさんの希望と志を持って入社してきます。

採用のポイントとしては、スキルのある人材より、美容が好きは大前提で、

素直な子と企業理念に共感してくれている人。

その社員の夢を実現させる為にもしっかりとした社員育成こそが何より大切です。

会社とは、役割分担の元、 一人ひとりの得意不得意、それぞれの成長や、仕事の愉しさ、

自分の夢などを共有できるホームにすること。

育成こそ、会社、企業の心臓と考えてよいでしょう。

2.マーケティング

現在、自社サロンは都内に5店舗。

マーケティング戦略こそ、徹底したリサーチ力·視点·視座が大切になります。

どの角度から世の中の流れを見るのか。

凄まじく流れるこの時代だからこそ、経営者の決断力と行動力がガキとなる。

軌道修正の本質とは何か。

我社はコロナ禍の1年で新店舗を4店舗出店し、グループ会社4社、12事業までに拡大成長した。

コロナ禍でも、エステ事業部は毎月全店予約が埋まるほど。

マーケティング戦略とは、常に世の中、そしてお客様は何を求めているのか。

どこに需要があり、どんな市場調査が必要なのか。

何をもってマーケティング戦略といえるのだろうか。

3.組織形成創り

会社、企業は単なる集団ではなく役割のある組織というもの。

どのような組織形成を行うべきか。

なぜ、このコロナ禍1年で4店舗拡大、グループ会社4社、12事業と、拡大に成功したのか。

徹底的に組織形成の見直しを行ったことが大きな要因と考えます。

さらには10倍の社員増大、前年比売上500%超。

会社は役員・幹部の動きが大きく会社を創る要因になる。

そして経営者の志向と判断力によって全ては決まる。

全社員が会社の目的を明確に理解し、どのような姿勢で価値提供(仕事)を遂行するのか。

組織は役割を基に、同じ志を持って集まる集団なのです。

4.社員研修制度

ステップアップ・役職者研修・幹部研修

我社が組織形成し、育成を行うにあたり最も重点を置いているのは社員研修制度です。

企業理念、使命、ビジョンを基に、社の目的、個のビジョンなどを明確にし、

そして自分の理想とする幸せを手に入れられるようにスキル、マインド、ナレッジの向上を行い、

目標達成までしっかり導くこと。

仕事とは、お客様へしっかり価値提供、未来提案をすること。

それぞれの役職に合わせた、NINE式社員研修制度でスタッフのやる気を引き出す秘訣もお伝えいたします。

5.集客法

我社は創業から集客に1円も広告費用をかけたことがない。

それでも、今では都内でも有名なバストアップ専門サロンになり、 毎月ご新規様の足が止まることはない。

メディアにも広告会社にも、自社から依頼したことは一度もない。

それでもお客様に社の良さがしっかり届いていれば集客は可能なのです。

その我社の独自の逆境にも負けない集客法もお伝えします。

大切な会社の資金をどこにかけるのが良いのか。

もし掛けるならどこにかけるべきなのか。

集客法や分析はどのように行うのか。

それはマーケティング戦略からも繋がる。

集客法、NINE独自のSNSの使い方、使い分けなど。

お客様との連絡ツール法など。我社が重きを置く戦略をお伝えします。

明日から一つでも行うことで、店舗カラーそして集客法が劇的に変わります。

お客様は数多くあるサロン様の中から、1サロンを選びます。

まずは徹底した自社分析が必要となる。

6.店舗展開仕組み

コロナ禍1年で直営店4店舗、本社、サロンスタッフ含む人員を10倍に増大した。

店舗展開を考えている経営者様、サロンオーナー様、どんな業種も同じです。

店舗を構える。店舗を持つ。

リスクなのか、チャンスなのか。

そこを見極めるのは自分自身。

誰かの背中押しを待ち、結果1店舗さえ向上させることができない方が大半です。

何の為に店舗展開をするのか、何を見据えて店舗展開をするのか。

我社がなぜ現在に至るかを伝えていきます。

7.店舗でも可能な売上向上法

もちろん店舗展開を考えていないオーナー様もたくさんいます。

我社も一店舗の際は、総売上500万超、それが夏には2ベッド850万超。

自店舗の売上アップの明確な計画立てをすること、

お客様へどのような店舗のイメージを持ってほしいのかを具体化すること。

これを極めることで、1店舗でも、予約が取れないほどの人気店にすることは可能なのです。

8.ブランディング

社として企業として、最も重要なのはブランディング力です。

ここはどんな形であれ、愛社精神、自信·誇り·プライドは持つべきだと考える。

企業理念とは、自分自身の志であるということ。

プロデューサーとして、自社をどのような見方をし、ブランディングをしていくのか。

また、どのようなブランディングを自分自身がしたいのか。 使命と目的はなんなのか。

顧客満足度を上げるその戦略と戦術をお伝えいたします。

9.ナインアカデミーの受講のサロン様、オーナー様

世の中にはたくさんのサロン様、そして大切なお客様がいます。

エステティシャンは、たくさんのお客様から感動や、より良い洗練された技術、空間、接遇、人間性が問われます。

ナインアカデミーの目的は、サロン様やエステティシャンに、ナインで行う洗練された技術と、

人材育成を含む自社の成功事例を元に、 スキル、マインド、ナレッジの向上に尽力すること。

『非常識こそ常識』 美容業界の発展と、より多くのサロン様の発展、そして何より、

より多くのお客様に感動を与えられるよう、私も日々精進し続けます。

今この時代だからこそ、業界への貢献、支え合い、高め合いに力を入れたいと思い、ナインアカデミーを立ち上げました。

名称未設定-5-09.png
名称未設定-5-08.png